予備校選びに失敗しない方法

予備校選びに失敗しない方法記事一覧

予備校にはいつから通うのが望ましいのでしょうか?高校生になった途端、高校一年生の春でしょうか。それとも高校三年生の秋からでしょうか。結論から言えば、早ければ早いに越したことはありません。予備校での授業は受験専門の授業なので、それを長い間受け続けるというのは、それだけで大きなメリットになりえます。しかし、高校一年生になって間もない頃から通うと、高校の部活動などの時間が取れなくなってしまうのもまた事実...

一口に予備校に通うと言っても、予備校の種類は非常に沢山ありますよね。予備校を大きく二分するとすれば大手予備校と個人塾に別れます。ここではどちらに通うのが良いのかを知るために、まずは大手予備校と個人塾の違いを見ていきましょう。大手予備校と個人塾に明確な違いがあるわけではありませんが、一般的に区別をするなら、全国的に営業を展開しているのが大手予備校、地域に密着した営業を行っているのが個人予備校となりま...

受験生のみなさんにとって、一番自分にあった予備校を見つける方法。予備校のパンフレットやホームページをしっかり読むことももちろん大事ですが、もっとも為になるのは体験授業を受けることではないでしょうか。体験授業ってなに?という人のために説明をすると、実際に一日限定で予備校に通い、授業を受けられるサービスのことです。名称は「体験授業」や「体験入塾」「一日入塾」などさまざまですが、大手・個人に関わらずたい...

大手予備校と個人塾の項で、一例として大手予備校には有名講師が多く所属しているという話をしました。有名講師の授業を受講することは、たしかに多くのメリットがあります。けれど、どれだけ大勢の人に「わかりやすい良い講師だ」と評価されていても、それがあなたにもあてはまるという保証はありません。自分には合わないと感じている講師の授業を受け続けて、成績が伸びるでしょうか。そんなはずはありませんよね。では受験生の...

予備校選びにおける見落としやすいポイントをもうひとつあげてみましょう。それは、高校からの通塾距離です。高校の授業が終わってから予備校に通うというのは、受験生の皆さんが思っている以上に体力を必要とします。というのも、予備校は通塾すればそれで終わりというものではありません。そこから普段より集中を必要とする授業を受けなければいけないからです。予備校に通うために何本も電子を乗り換えたり、一時間以上も電車に...

予備校選びにおいて、授業や講師に次いで大切なのは環境だという話をしましたが、その環境の中でも大事なのがいわゆる「自習室」ではないでしょうか。「自習室」は予備校それぞれによってさまざまな呼び方がありますが、要は授業以外の時間に使用できる予備校生専用の学習スペースのことです。その形式は予備校によって、授業の行われていない教室を開放していたり自習専用のスペースを確保していたりと様々ですが、注目して欲しい...

予備校選びでチェックすべき項目もいよいよ大詰めです。その項目とは、予備校に常駐しているスタッフ(言い換えれば、予備校に務めている社員・職員さん)たちのサービスです。予備校のスタッフは何のためにいるの?と疑問に思う人がいるかもしれないので簡単に説明しておくと、皆さんが通っている高校の先生たちは、担当の授業以外でもクラス担任などとして生徒たちと関わる機会が多いですよね。一方、予備校では講師は基本的に授...

合格への強力サポーターを見つける!


.