【スポンサードリンク】

 

スポンサードリンク

いつから通うのが望ましいか

予備校にはいつから通うのが望ましいのでしょうか?
高校生になった途端、高校一年生の春でしょうか。
それとも高校三年生の秋からでしょうか。

 

結論から言えば、早ければ早いに越したことはありません。
予備校での授業は受験専門の授業なので、それを長い間受け続けるというのは、
それだけで大きなメリットになりえます。
しかし、高校一年生になって間もない頃から通うと、
高校の部活動などの時間が取れなくなってしまうのもまた事実です。
また、掛かる費用も三年分となり、決して安いとはいえません。

 

もっと言えば、予備校の授業というのはあくまで高校での学習を前提としています。
つまり、高校の授業をサボって予備校にだけ通っても、
基礎ができていなければ応用力を身につけることはできないため、
今度は予備校の授業についていけなくなってしまう可能性も出てきてしまいます。
こうなってしまっては大変ですね。

 

そういうわけで、早ければ早いに越したことはないが、
高校の授業を真面目に受けてさえいれば
高校三年生になってからでも十分間に合う、ということになります。

 

さすがに、高校三年生の夏以降となってしまうと、
受験に間に合うかどうかの保証は出来なくなり、
皆さん自身のかなりの努力が必要とされることになります。
もっとも、毎年夏までしっかり部活に打ち込んでから
予備校に通い志望校に受かる生徒も沢山いましたが、
彼らの努力は皆相当のものでした。

 

なので、私としては遅くとも高校三年生の春までの入学をお勧めします。
これは予備校の授業やカリキュラムが、一年後との区切りになっているのも
理由のひとつです。

 


 

 

合格への強力サポーターを見つける!


.