【スポンサードリンク】

 

スポンサードリンク

予備校を使いこなすには

予備校を使いこなす第一歩は、
予備校のカリキュラムの把握であると述べましたが、
その他にはどういったところに注意すればいいのでしょうか。

 

受験生の皆さんが予備校へ通う目的は
予備校で授業を受けることに他なりませんが、
予備校にはそれ以外にも皆さんの受験に役立つ
様々なサービスが存在します。

 

例えば、赤本と呼ばれる各大学の過去数年分の入試問題を集めた
参考書の貸し出しサービスです。
自分の志望校のことを一層良く知るためにも
その大学の入試問題における傾向と対策を掴むことは必須です。

 

また、赤本以外にも各科目の参考書やセンター試験の
過去問題集などの貸し出しを行っている予備校もあります。

 

もちろん、全国全ての予備校でこういったサービスが
行われているわけではありませんし、
自分の志望校が決まっているなら返却期限のある
貸し出しサービスを受けるよりも、購入してしまった方が
良い場合だってあります。
(メモなどを書き込みたい人は特に)
このあたりは、臨機応変に活用してください。

 

 

その他には、進路相談や学習指導を目的とした
面談を受けることのできるサービスが挙げられるでしょう。

 

面談相手は予備校によって講師であったり
スタッフであったりと様々ですが、
今の自分の勉強方法に自身が持てない人や
なかなか自分に合った志望校が見つからないという人は、
一度、受験のプロに相談してみるのも有効だと思います。

 

せっかく予備校へ通うのですから、
授業以外にも最大限に予備校を活用できる
受験生を目指しましょう。

 


 

 

合格への強力サポーターを見つける!


.