【スポンサードリンク】

 

スポンサードリンク

具体的になにをするのか

さて、無事に入学金や授業料の支払いが完了し予備校に入学したら
次は具体的に何をするのでしょうか。
もちろん、受験生の皆さんが予備校に通うのは
自分の第一志望の大学に合格することが目的ですよね。

 

それには、自分の志望校にあったレベルの授業を受ける必要があります。
志望校に必要な教科や科目を調べ、自分の受ける授業を決めること。
これが一番にすることです。
これは、最終的には皆さん自身が決めることですが、
受験のプロである予備校のスタッフや講師の先生方に相談して決めるのも良いと思います。
きっと彼らは適切なアドバイスを皆さんに与えてくれるでしょう。

 

ただ、受験生の皆さんの中にはまだ志望校は決まっておらず、
あくまで基礎学力を上げるために予備校へ通うという人もいることと思います。
そういった人たちは、今の自分の苦手教科や科目から、受ける授業を決定しましょう。

 

どちらの場合にしても、皆さんは高校生であるため、
毎日の高校生活がメインであることに変わりはありません。
部活動がある日は予備校へ通う時間がない、というのが当たり前ですよね。

 

もちろん、予備校へ通うために部活動は辞める、という人もいるとは思いますが、
全員が全員そうであるとは限りません。
そういった場合は、予備校のスタッフや親御さんと相談して、
あなたが予備校へ通うことのできる日の中から、
受けたい授業を選択するということになります。

 

どうしても受けたい授業が部活動の日や、忙しい日にあるという場合でも、
予備校によっては一週間で同じ授業を複数開講しているところもあるので、
安心してくださいね。

 

どうしても授業が受けられないという場合には、通う予備校を変えるというのも手段の一つです。
受けたい授業の日程は、くれぐれも入塾前にしっかり確認しておきましょう。

 


 

 

合格への強力サポーターを見つける!


.