【スポンサードリンク】

 

スポンサードリンク

予備校への入学方法

ここでは予備校へ入学する方法を述べていきたいと思います。
皆さんもご存知の通り、個人予備校から大手予備校にいたるまで、
どの予備校でも突然尋ねて行って授業が受けられるわけではもちろんありません。

 

予備校で行われている授業・講習はあくまでも
予備校が受験生に向けて行っている一種のサービスです。
そのため、受験生である皆さんはそのサービスを受けるという契約を交わさなければいけません。
これはなにも予備校に限ったことではなく、
皆さんが中学や高校への入学した時も同時だったはずです。

 

なので、皆さんが予備校へ入学する際には、
自分の行きたい予備校を決めてから、
予備校の窓口やインターネットのWEBサイトでその予備校の入学資料を取り寄せ、
親御さんの許可をもらった後に、
入学金や授業料などといった諸経費を払う必要があります。

 

また、予備校の中には志望大学によって
レベル毎に別クラスが設けられている場合があります。
(例えば、東京大学志望学生のための東大コースといったように)
こういった場合、特定大学クラスは普通の授業よりもレベルが高く設定されているため、
そのコースに入るには入塾手続きとは別に入塾試験を受けなければいけない予備校もあります。

 

中には、高校の定期試験の成績や、過去に受けた模試の成績を提出することで、
入塾試験を受けずに済む予備校だってあります。

 

さらには入塾にあたって全ての人が入塾試験を受け、
その成績によってクラス分けされる予備校もあるので注意しましょう。

 

このように入塾のシステムは予備校ごとで千差万別なので、
自分の行きたい予備校の入塾様式は事前に資料などを見てしっかり確認しておくことをお勧めします。

 


 

 

合格への強力サポーターを見つける!


.